薬剤師がストレスを感じる場面は?解消法を知っておこう!

薬剤師は勤務先によっては強いストレスを感じるケースもあります。そんな薬剤師として働き続けるためには解消法も知っておく必要があるでしょう。そこで、ここではストレスを感じるシーンやストレスの解消法などについて紹介します。

ストレスを感じにくい職場探しに最適な転職サイト

今の職場で強いストレスを感じている人は、転職を考えるのも一つの方法です。そんな転職で、新しい勤務先を探す上で最適なのがマイナビ薬剤師です。ここはコンサルタントのヒアリング能力が高いので、人間関係で悩んでいる人の強い味方となってくれます。

薬剤師がストレスを感じるシーンをご紹介

1.疑義照会での医師とのコミュニケーションがうまくいかない。疑義照会がスムーズに進まないことで、患者さんを待たせたり業務が滞ったりすることでストレスを感じる。

2.クレーマーによってストレスを感じる。

3.怠慢な薬剤師がいる職場で働くことでストレスを感じる。

4.数字でしか評価されないことでストレスを感じる。

5.やる気のない実習生への指導でストレスを感じる。

人によってストレスを感じるシーンは異なりますが、多くの人がこのような場面でストレスを感じているようです。

上手いストレスの解消の仕方をご紹介

1.親しい同僚や友人と会話をして憂さ晴らしをする

2.美味しいものやお酒を飲んで楽しい時間を過ごす

3.時間がある時にはしっかりとした睡眠をとるように心がける

4.嫌なことがあっても考えすぎずにすぐに忘れる

5.ストレスの原因がはっきりとしているのならその原因から距離を置く

このように、ストレスの解消方法はいくつかあります。どれも手軽にできる方法なので、ストレスを感じた時にはぜひ試してみてください。

ストレスを感じた時に気をつけるべき点とは

1.体重が減っていないか、体調を崩しやすくなっていないか

2.笑うことが減っていないか

3.暴飲暴食をしていないか

ストレスを感じた時には、上記の三つの点を確認してみましょう。体重が減っていたり体調を崩しやすくなったりしている時には、自分が感じている以上にストレスを受けている可能性があります。薬剤師になる前よりも笑顔の回数が減っている人は、ストレスが溜まっていると判断することができるでしょう。ストレスが溜まると暴飲暴食をして解消する人も多いですが、このことで激太りをしてしまって健康にも悪影響を与えることがあります。日頃から自分のストレス度合いをよく確認して早いうちにストレス解消することが大切です。

まとめ

ここでは、薬剤師の職場でのストレスについて紹介してきました。どんな職場でもストレスを感じることはあります。自分なりのストレス解消法を見つけて日々の業務を頑張りましょう。