薬剤師で年収1千万に挑む方法とは

薬剤師で年収1千万に挑むことを目標にしている人もいるかと思いますが、具体的にどのように目指したらいいのかと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、ここでは具体的なコツについて紹介します。

転職サイトを活用しよう

年収1千万に挑むためには、良い職場を見つけることが大切です。そんな職場探しでおすすめなのがファルマスタッフという転職サイトです。ここは、厚生労働省から職業紹介優良事業認定を受け、年収を増やすためのフォローもしてくれて年収を1千万にしたい人には最適な企業です。

男女別の平均年収を知ろう

年収1千万に挑むには、まず平均年収を知っておくことが大切です。平均年収を知ることで、どのくらい頑張れば1千万に到達するのかの目安にもなるでしょう。

男性の薬剤師の平均年収は約580万円で、40代にもなれば700万円程度が平均となります。女性の場合は育児などによって時短勤務をする人が多く、男性と比べて平均年収は下がります。女性の平均年収は約500万円、キャリアアップをすれば40代で年収600万円以上に挑むことも可能です。

目標を達成するための具体的な方法をご紹介

1.専門医師と親しくするためにも医師が開業すると同時に自分も薬局を開業する

2.売りに出されている薬局を買い取って開業する

3.処方箋枚数40枚をひとりでこなせる薬剤師となって独立をする

4.夫婦ともに薬剤師となって働く

5.キャリアアップをして役職につくことで年収1千万円に挑む

6.新卒からMRのみで働く

7.薬剤師に特化したWebサイトの運営を行う

8.時給の高い派遣やバイトなど、二つの仕事を掛け持ちする

9.MR、アルバイト、副職と三つの仕事を掛け持ちする

10.年収800万円程度の企業で働き、残りは派遣や副業で稼ぐ

11.年収1千万円で募集している求人を常に確認する

12.博士号を取得して薬学教授に挑む

13.地方で事業展開している企業の専務取締役になって稼ぐ

年収1千万円に挑む人が注意すべき点や心構えをご紹介

1.年収が高い勤務先は多忙であることは覚悟して選ぶ

2.年収が高い職場は一般的な職場と比べて休みが少ない

3.独立をしたり役職についたりすれば結果が求められる

4.副職をする前に副職ができる職場かどうかを確認してから行う

5.多忙になると家族との時間が少なくなるので意識的に家族との時間を作るようにする

6.一度生活水準を上げると下げにくいので生活の質を極端に上げないようにする

7.20代では目標達成は難しいのでこの年代では準備期間と考えて行動をする

年収を効率よく増やすコツをご紹介

1.転職サイトを利用して高収入が得られる勤務先を紹介してもらう

2.自分で年収の高い職場を見つけて直接交渉をする

3.独立をした人は医師と親しくなることが収入増加への近道

4.薬局をしている薬剤師と結婚をする

5.薬剤師になって2年目までならMR職への転職を考える

6.独立に必要な資金集めのためにも他業種の人も大切にする

年収を増やすための転職を考えている人に最適な転職サイトをご紹介

年収を増やすための転職サイトは、上記で紹介したファルマスタッフ以外にも、

・薬キャリ

・マイナビ薬剤師

・リクナビ薬剤師

があります。

薬キャリは派遣薬剤師に強いですし、マイナビ薬剤師では企業に給料の交渉などもしてくれます。リクナビ薬剤師は面接対策が充実しているのが特徴です。それぞれで特徴があるので、自分に合った転職サイトで希望の勤務先を見つけましょう。

まとめ

ここでは年収1千万円に挑む人向けに、具体的なコツを紹介してきました。1千万円という目標を達成するのは容易ではありませんが、薬剤師なら達成できないことでもありません。自分に合った方法で年収1千万円を目指しましょう。