多くの薬剤師さんが気になる職場ごとのお休みについて

薬剤師として働く際に気になるのが休みという人も多いことでしょう。ここでは、職場ごとの休みについて解説します。

職場ごとの休みについてご紹介

1.病院の休みについて

病院は、土日や休日の休みが多い職場です。これは、外来は平日のみとしている病院が多いからで、外来の休みに合わせて薬剤師も休みとなります。ただこれは一般的な病院のケースで、急性期病院や病床数が多いところでは、週に2日の休みすら難しい場合もあります。

2.調剤薬局の休みについて

病院では外来が基準となりましたが、調剤薬局では門前クリニックに合わせるところが多いようです。門前クリニックが土日休みであれば、調剤薬局も土日休みとなりますし、周辺に様々なクリニックが集まるエリアでは土曜日も営業するケースもあります。

3.ドラッグストアの休日について

ドラッグストアでは年中無休で営業しているところも多く、基本的には完全シフト制です。多くが週休2日ですが、必ず2日取れるというわけではなく、職場のシフト状況によって変わってきます。ドラッグストアによっては、処方箋の受付が日曜日は閉めているところも多く、薬剤師は日曜日に休みが取れるケースが多いようです。

4.製剤薬局の休みについて

製剤薬局は、一般的なサラリーマンと同じで、暦通りの休みが取れるケースがほとんどです。

5.公務員薬剤師の休日について

市役所や役所に勤務している薬剤師は、公務員と同じ働き方になります。ただ病院勤務になると土日も出勤するケースがあります。病院勤務以外であれば基本的に土日祝日は休みと考えておいて良いでしょう。

6.医薬品卸企業の休日について

一般企業と同じで、暦通り土日や休日は休みとしているところがほとんどです。職場によっては当番制で土日に出勤するケースもあるようですが、出勤をすれば他の日に振替休みが取れる職場が多いです。

土日の休みが取りやすい職場はどこ?

最も土日の休みが取りやすい職業は公務員です。病院や製薬企業、医薬品卸企業も土日休みが取りやすい環境です。ただ病院勤務では、規模などによって取れにくい職場もあるので注意が必要です。

休みが少ない職場での対処法をご紹介

1.信用を得ることが大切

信用を得ていない状態で、休みを増やしてほしいと言っても増やしてもらえる可能性は低いでしょう。職場でしっかりと信用を築き、結果を出していくことで信用が高められ、今までより休みが取りやすい環境を作ることができます。

2.権限のある上司に申告をする

大きな職場では難しいかもしれませんが、比較的小さい職場であれば権限のある人に休みの申告をする方が大きな力となってくれます。おすすめは、社長に近い人材でもある部長クラスの人に申告をする事です。

3.中規模以下の企業で、代休が発生せず、代休手当になっている場合には、本部に直接交渉するのも良い方法です。この時には、休みが取れていない証拠や法的根拠を用意してから行動します。交渉では一人で行ってもうまくいかないケースもあるので、業務に支障がない仲間と一緒に行動すると良いでしょう。

4.労働基準監督署に通報する

確かな証拠があるにも関わらず、本部や上の人が動いてくれない時には、労働基準監督署に通報する方法もあります。報告する際の方法としては、電話、メール窓口、直接報告の3つの方法があります。

5.労働基準監督署への報告が難しいなら弁護士に相談する

仕事が忙しくて労働基準監督署に直接出向くことができないケースもあるでしょう。このような場合には手数料はかかりますが弁護士に相談するのも良い方法です。

6.転職をする

中小規模の会社では、休みが取れないと悩む薬剤師が多いようです。このような職場ではどんなに訴えても良い環境とならないケースもあります。このような場合では、大手企業に転職するのも良い方法です。大手企業では働き方改革をしていることも多く、比較的休みは取りやすいので、思い切って環境を変えることを考えてみましょう。

転職を考えている人に最適なサイトをご紹介

今の職場で、休みが取れずに悩んでいる人は転職を考えてみるのも良い方法です。良い環境を見つけるために役立つのが転職サイトです。

おすすめのサイトとしては、

・薬キャリ

・マイナビ薬剤師

・リクナビ薬剤師

があります。

薬キャリは、多くの薬剤師が登録していて知名度も高いので安心して利用できるサイトです。希望する転職先の条件が決まっている人にはおすすめです。マイナビ薬剤師は、大手との実績も高く、コンサル面でもしっかりしている会社です。特定の企業手の有給休暇取得率を知りたいと伝えても問題なく対応してもらえるでしょう。リクナビ薬剤師は、複数の会社に面接を行うことができ、実際に見学ができるのが大きな魅力です。

まとめ

ここでは、それぞれの職業の休日について紹介してきました。どのような職業に就くかによって休日の鳥やすさも違ってきますし、同じ職業でも会社によっては休日がとりにくいところもあります。それぞれの職業の休日についての知識を身につけ、これからの働き方を検討してみてはいかがでしょうか?