英語を活かせる職場を探したい薬剤師さんに職場探しのコツをご紹介

英語が得意な人は、その語学力を活かして薬剤師の業務で活躍したいと考えている人もいるでしょう。そこで、ここでは英語が活かせる求人の探し方や具体的な仕事内容について紹介します。

英語を活かせる業務にはどんな仕事があるの?

1.服薬指導で英語を活かせる

最近では、日本でも外国人の患者さんも増えてきています。そんな外国人の利用者が多い日調剤薬局であれば、外国人の患者さんに薬の用法や用量、飲み合わせなど、服薬指導を英語で説明をすることができます。

2.持参している薬を鑑別するときにも活かせる

海外の観光客が増えている日本では、外国人の人が緊急入院することもあります。そんな時には、緊急入院した患者さんが服用する薬を鑑別するのも薬剤師の仕事です。海外の薬なので英語表記がされていることもありますし、患者さんやご家族にヒアリングを行うケースもあります。また、患者さんによってはいつもと同じ薬が欲しいと訴えるケースもありますが、この時にもどのような対応をするのかについて英語で説明をします。

3.品質管理で英語を活かせることもある

海外にも事業展開をしているような化粧品会社や製剤では品質管理が必要になります。この品質管理では英文で書類をまとめたりする仕事もあります。英語力が高い人は、海外からのクレーム処理を任されるケースもあるようです。

4.メディカルライティングの仕事で英語力を活かす

メディカルライティングとは、医療論文や治験などの文面を作成する仕事です。この仕事では、海外の様々な情報や論文を読解する能力が求められますし、納期を守ることも重要です。この仕事では、英語力があるだけでは難しく、薬剤師のような医療知識が豊富な人でないとこなすのは大変な仕事です。

5.医薬品の相談

ドラッグストアなどに勤務していると、海外の観光客から薬に関しての相談を受けることもあります。特に航空内に設置されたドラッグストアなどではこのような場面が多くあるようです。観光客だけでなく、外国人労働者も増えていて、そのような労働者が多い地域でも相談をされるケースが多いでしょう。

英語を活かせる職場を探すコツをご紹介

薬剤師が英語を活かせる場面は意外に多くあるのですが、そんな職場を探すのにはどうしたらいいのかと悩んでいる人もいるでしょう。ここからは、英語を活かせる職場を探すコツについて紹介していきます。

1.国際線のある空港

海外の人が訪れる場として、まず挙げられるのが空港です。航空内には診療所やドラッグストアが入っていることもあり、このような職場なら英語が活かせるので、求人を探すときには、国際線のある空港から探すのも良い方法です。

2.外国人に人気の観光地

日本には複数の観光地がありますが、その中でも海外の人に人気となっている観光地もあります。そのような観光地にある調剤薬局やドラッグストアから探すのも良い方法です。ネットで検索する際も、「観光地」のキーワードを使って探すのも良いでしょう。

3.外国人労働者の多い地域で探す

外国労働者が働いている企業周辺に絞って探すのも良い方法です。このような地域であれば、外国人に出会えるチャンスも多いです。

4.思い切って海外に移住する

アメリカやヨーロッパでは、その国で認められた薬剤師でないと仕事をすることができませんが、タイやシンガポールであれば日本の薬剤師も活躍しています。英語力を活かしたいならこのような国に思い切って移住するのも良いでしょう。

5.病院勤務を希望するなら外国人患者の受け入れを認証されているかを確認

病院によって、外国人の受け入れ体制が整っているところもあれば、そうでないところもあります。第三者機関から、外国人の患者受け入れ態勢が整っていると認められた病院であれば、外国人患者さんも多く来院されることから英語力を活かしやすい環境となります。

6.転職サイトを利用する

手軽な方法で探したい人は、転職サイトで英語力を活かせる職場を探してもらうのも良い方法です。希望を伝えておくことで、良い職場が見つかればすぐに連絡をしてもらえます。

海外で働く際の注意点を知ろう

海外で働けば得意な英語を思う存分活かすことも可能なのですが、注意点があります。ここからは、その注意点について紹介します。

1.日本の資格がその国で適用されるのかを確認する

日本で取得した資格は、国内だけで通用する資格だと考えておく必要があります。海外では認めている薬でも、日本では認められていない薬もあり、その国によって事情も異なってきます。海外で働く際には、基本的にその国で薬剤師になるための試験にパスする必要があります。

2.自分の英語力を過信しない

海外で薬剤師の仕事をこなすためには、高い語学力が必要になります。日常会話はもちろんのこと、医療に関する専門用語も知っておく必要があるでしょう。また、言葉を知っていても、患者さんに理解してもらえるようにうまく説明する必要もあります。少し英語に自信があるからと安易に海外で働くと、語学力の低さによって苦労することもあります。自分の英語力に過信せず、しっかりと英語力を高めることも必要です。

3.海外では生活費以外でも多くのお金が必要になる

海外で働く際には、その国で生活する為の費用をしっかりと確認してから行くことが大切です。海外では歯の治療では保険外の費用が発生しますし、働くためには就労ビザの費用のことも考えておく必要があるでしょう。就労中に免許の更新がきてしまうと、一度日本に帰国しなければいけないことにもなってしまいます。様々なことをシュミレーションして、どのくらいの費用が発生するのかを調べておくことも大切です。

4.生活環境や文化をよく確認する

海外で生活すると、慣れない生活環境や独自の文化によって大きなストレスを受けることもあります。このようなことが怒らないように、生活の場となる国の生活環境や文化をよく確認しておくことが大切です。

5.勉強に必要な書籍を持参しよう

勉強しようと思っても、海外では日本語の書籍は入手しにくいです。そのため、勉強などに必要な書籍は日本に居る時に入手しておく方が良いでしょう。日本なら様々な書籍を入手しやすく、日本語表記がある様々な書籍を用意しておくことで薬剤師の勉強もしやすくなります。

最適な職場を見つけるためにオススメの転職サイト

・マイナビ薬剤師

・薬キャリ

・ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師は、質の高いヒアリング力で知られていますし、薬キャリも知名度が高く、スタッフと合わなくてもスピード対応をしてくれます。ファルマスタッフは、コンサルタントが直接現場を確認してくれて納得できる転職ができると評判です。それぞれで特徴もあり、自分に合った転職サイトを利用することで、良い職場も見つかりやすくなります。

まとめ

ここでは、英語力を活かせる薬剤師の職場探しについて紹介してきました。海外で働くと、様々なトラブルもありますが、その経験はあなたを大きく成長させてくれるでしょう。日本でも外国人の利用者が多いとそれだけで英語力を生かした働き方も可能です。この記事で、英語力を生かした働き方をしたいと考えている薬剤師の方の参考になれば幸いです。