異動や転勤がない?パートやバイトで働く利点とは

雇用形態を大きく分けると、正社員とパート・アルバイトなどの非正規社員に別けることができます。正社員と比べると非正規社員は利点がないように感じますが、この雇用形態だからこその利点もあります。その一つが、同じ店舗の勤務になることです。ここでは、非正規社員で働くことの利点について紹介します。

パートやバイトだからこその利点

非正規社員で働くことの大きな利点が、同じ店舗の勤務ということです。正社員では転勤などは良くありますが、非正規社員であれば同じ店舗での勤務です。大手などでは、他の店舗に手伝いに行くケースもありますが、基本的にはどこでも同じ店舗で働けます。そのため、自宅近くで勤務したい人にも最適な雇用形態です。

異動や転勤がないことで得られる利点

異動や転勤がないことで得られる利点もたくさんあります。

【引っ越しの手間がない】

異動や転勤が多ければ、そのたびに引っ越しをすることになります。引越しでは、荷造り、部屋探し、住所や住居が変わることでの手続きなども必要です。このような手間がないのは大きな利点でしょう。

【子供も転校しなくて良い】

異動や転勤になれば、親だけでなく子供も転校することになります。転校をすれば環境が大きく変わることから、子供の成長に悪影響を与えることもあります。非正規社員で働くことで、子供に大きな負担を与えずにすみます。

【病気や怪我にもすぐに対応できる】

普段の生活環境に近い場で働けることで、家族が病気や怪我をした時でもすぐに対応することが可能です。

【慣れた環境で働ける】

異動や転勤になれば、新しい環境となることから、人間関係なども一から築いていくい必要があります。移動や転勤がないことで、このような負担がなく、精神的なストレスも軽減できるでしょう。

まとめ

この雇用形態は、家族がいる人には大きな利点を感じることでしょう。独身であっても、働きやすさに利点を感じます。正社員に魅力を感じる人も多いですが、高収入が期待できる薬剤師は、パートやバイトでも利点があるお仕事です。