パートやアルバイトの時給の相場を知って職場選びをしよう

薬剤師は、正社員として働いている人だけでなく、パートやアルバイトで働いている人も多いです。パートやアルバイトなら、自分の都合の良いタイミングで働けるので、仕事と育児を両立させたい、自分の時間を大切にしたいという人に選ばれている働き方です。ここではそんな働き方を選ぶ人向けに、時給や収入面について紹介します。

パートやアルバイトの収入

薬剤師としてパートやアルバイトで働く場合には、他の仕事で比べると時給が高く設定されています。某サイトの調べでは、平均時給は2000円です。人材不足が深刻な地方では、時給が4000円というところもあるようです。他の仕事と比べて高収入が期待できる薬剤師の職場を、調剤薬局、ドラッグストア、病院に別けて収入を紹介していきます。

【調剤薬局】

調剤薬局の時給の相場は、約2500円~3000円とされています。この時給は、他の職場でも同じくらいとなっているようです。そのため、収入は、仕事内容や勤務時間によって変わってきます。調剤薬局は深夜出勤や休日出勤がなく、全国的に同じような収入だと考えておきましょう。ただ、地域や個人経営の調剤薬局では、人材不足が深刻で、時給が約5000円というケースもあり、調剤薬局は良い選択肢の一つとなります。

【ドラッグストア】

ドラッグストアは、全国展開している店舗も多く、時給にそれほど差がありません。相場としては約2000円~3000円です。ただ、24時間営業で年中無休のところが多いので、勤務時間や曜日によって収入が変わってくるのが特徴です。自分のライフスタイルに合った働き方をしたい人は、深夜帯も選択できるドラッグストアを選ぶのも良いでしょう。

【病院】

高収入を得たい人には病院が向いています。病院では深夜の勤務があり、ドラッグストアよりも高収入が期待できます。ただ、少人数で勤務するケースも多いです。一人当たりの仕事量も多いので体力も必要ですが、仕事量が多いことでスキルアップも目指せるのも特徴です。スキルアップをしたい、高収入を得たい人にはオススメの職場です。

人材不足と時給との関係

薬剤師は女性の比率が多く、資格を取得しないと働くことができない専門職であるという点が人材不足の原因となっているようです。女性は結婚や出産を機に退職してしまう人も多いですし、難易度の高い資格でもあることから、薬剤不足で悩んでいる地域や職場も多いです。そのため、他の仕事と比べて高い時給を設定するケースが多く、人材不足が深刻なところでは時給5000円に加えて住宅手当まで提供するところもあるようです。

まとめ

薬剤師としての職場は、調剤薬局、ドラッグストア、病院などがあり、それぞれで時給が違えば、働き方も異なります。自分に合った職場を選ぶことで、満足できる収入を得ることができるでしょう。