薬剤師の安定感について

薬剤師として働く際に、この仕事は安定して働けるのかと疑問を感じている人もいるでしょう。そこで、今回はこの仕事の安定性について紹介します。

薬剤師は安定している職業なの?

この仕事は、安定しているのかと不安を感じる人もいるかもしれませんが、安定感があり安心して働ける職業と言えるでしょう。最近ではAIが様々な仕事を奪っていくと言われていますが、この仕事では患者さんとの対話が重要になるため、一部の業務がAIになっても、全ての業務を奪われてしまう心配は少ないです。

安定した職業である理由

1.高収入が得られる

日本での平均年収は約420万といわれていますが、薬剤師の平均年収は約510万円となっていて、他の業種と比べても高収入が得られる職業の一つです。男性だけでなく女性も多い職業で、管理薬剤師ともなれば、他の職業で働いている男性と比べても高収入を得ることも可能です。

2.都市部でも地方でも働く場所が多い

高収入が得られる職業では、都市部に限定され、地方ではその業種で働けないというケースもあります。しかし薬剤師であれば、都市部でも地方でも求められる職業であることから、全国どの地域でも安定して収入が得られる職業だと言えるでしょう。

3.社会的信用が高い職業

職業によって社会的信用が高いケースと低いケースがありますが、薬剤師は社会的信用が高い職業です。社会的信用は、金融機関から借入をする際にも影響を与えます。就職先が大手であればさらに信用が高まり、数千万円という借り入れも可能になることから、安定した生活も期待できます。

4.定年後でも再雇用してもらえるケースが多い

最近では年金が不安視され、老後も安定した生活を送るためには生涯現役で働く必要があるとも言われています。薬剤師は、定年後にパートやアルバイトとして週3回程度働く人も多く、定年後も働くことで老後も安定した生活が期待できます。

5.景気に左右されにくい業種

業種によっては景気に大きく左右され、収入が大きく変動したり場合によってはリストラをされてしまったりすることもあります。薬剤師は景気の影響はほとんど受けず、景気によってリストラされたり減給となったりすることもほぼありません。

6.福利厚生も充実

企業によって多少の違いはありますが、住宅手当、産休や育休が充実しているところも多く、安定した生活ができる職業です。

7.様々な働き方ができる

薬剤師は正社員として働くだけでなく、パートや派遣などによって働くことも可能です。パートやアルバイトではまとまった収入にならないと思いがちですが、薬剤師は時給が高いため、プライベートを充実させるために、正社員ではなく、あえて派遣などを選ぶ人もいます。

8.中途採用も多い

一般的な職業では、一度辞めてしまうと再就職が難しいケースもあり、年齢を重ねていればさらに再就職は難しくなることもあります。しかし薬剤師であれば、ブランクがある人でも採用してくれる所が多いですし、大手薬局チェーンなどでは、中途も積極的に採用しています。このように、薬剤師は再就職に不安が少ないことも強みです。

9.体への負担が少ない業務

ドラッグストアで働くと品出しなどの業務もありますが、肉体労働ほどの重労働ではないため、体への負担が少ない環境で働くことができます。

10.一般的な大手企業と比べて異動が少ない

全国展開をしているドラッグストアや調剤薬局、製薬企業などでは異動を命じられるケースもありますが、小規模の薬局などでは異動もなく安心して働くことができます。

不安定な点も存在する

1.人手不足が続いている

薬剤師は、絶対的な数が足りないため、多くの職場で人材不足となっています。この人材不足によって機械導入などを考えている企業も多いです。

2.管理薬剤師になりたがらない人が多い

薬局では必ず管理薬剤師を配置する必要がありますが、この立場になると残業が出ない、責任が重くなるなどの理由から、目指す人も少ないようです。このことも、不安定な点のひとつです。

3.かかりつけ薬剤師の労働条件が悪い

政府は、実労働を減らす働き方改革を行っていますが、この業界では実労働時間の多い、かかりつけ薬剤師の増員を行うなど、働き方改革とは逆の方向に向かっています。

まとめ

ここでは、薬剤師が安定感ある職業なのかについて紹介してきました。薬剤師は安定感のある職業ですが、不安定な点もいくつかあります。この記事を参考に、薬剤師という職業をについて理解を深めて頂ければ幸いです。

薬剤師の平均年収を知ろう!

薬剤師の平均年収が気になっている人も多いのではないでしょうか。ここでは、全体的な平均年収以外にも職業別、地域別でも紹介します。

男性の平均年収をご紹介

・20~29歳_408万円

・30~39歳_625万円

・40~49歳_703万円

・50~59歳_624万円

・60~69歳_554万円

男性の年齢別の平均年収は上記の通りとなっています。ただ、30代では625万円が平均となっていますが、派遣や独立などをして年収が1千万円を超える人もいます。60代以降になると定年などによって週に2から3回程度の勤務として働く人も多いために年収が下がります。

女性の平均年収をご紹介

・20~29歳_417万円

・30~39歳_516万円

・40~49歳_571万円

・50~59歳_604万円

・60~69歳_555万円

男性と比べると30歳から59歳までは平均年収が低いですが、女性は出産や育児によってブランクが発生するためどうしても年収が下がる傾向にあります。

職場別での平均年収をご紹介

薬剤師の職場で最も平均年収が高いのが製剤企業です。企業によって年収は異なりますが、平均年収が1千万円を超えるところもあります。次に高い職場が大学職員です。教授クラスになれば1千万円以上の年収を目指すことも可能です。ドラッグストアでは約580万円、調剤薬局では約550万円、予備校講師で500万円程度、CROでは、新卒で400万円を下回るケースもありますが、役職がつけば年収700万円も可能です。公務員なら35歳で500万円程度、医薬品卸会社であれば平均は約480万円です。最も低いとされる職場が病院で、残業が多いところでは500万円程度に達することもありますが、2年目以降でも平均年収が450万に達することがないケースもあります。

地域別での平均年収をご紹介

・北海道エリア_516万円

・東北エリア_538万円

・南関東エリア_538万円

・北関東・甲信エリア_555万円

・北陸エリア_498万円

・東海エリア_545万円

・近畿エリア_559万円

・中国エリア_557万円

・四国エリア_538万円

・九州エリア_540万円

・沖縄エリア_507万円

年収を上げたい人に最適な転職サイト

平均年収を上げたいと考えている人におすすめの転職サイトとして、

・ファルマスタッフ

・薬キャリ

・マイナビ薬剤師

があります。

ファルマスタッフは、高い収入が得られる求人を選抜してくれますし、薬キャリでは派遣や契約社員など、高収入が期待できる求人が魅力です。マイナビ薬剤師では将来のキャリアプランなども提案してくれます。うまく転職サイトを利用することで高収入も得られるようになるでしょう。

まとめ

ここでは薬剤師の平均年収について紹介してきました。同じ薬剤師でも、性別の違いや年齢、地域によって平均年収は変わってきます。また、働き方によっても大きく違ってくるでしょう。平均的な収入を知ることで、どのような働き方をすれば理想とする年収が得られるかの参考にもなるかと思います。

薬剤師がストレスを感じる場面は?解消法を知っておこう!

薬剤師は勤務先によっては強いストレスを感じるケースもあります。そんな薬剤師として働き続けるためには解消法も知っておく必要があるでしょう。そこで、ここではストレスを感じるシーンやストレスの解消法などについて紹介します。

ストレスを感じにくい職場探しに最適な転職サイト

今の職場で強いストレスを感じている人は、転職を考えるのも一つの方法です。そんな転職で、新しい勤務先を探す上で最適なのがマイナビ薬剤師です。ここはコンサルタントのヒアリング能力が高いので、人間関係で悩んでいる人の強い味方となってくれます。

薬剤師がストレスを感じるシーンをご紹介

1.疑義照会での医師とのコミュニケーションがうまくいかない。疑義照会がスムーズに進まないことで、患者さんを待たせたり業務が滞ったりすることでストレスを感じる。

2.クレーマーによってストレスを感じる。

3.怠慢な薬剤師がいる職場で働くことでストレスを感じる。

4.数字でしか評価されないことでストレスを感じる。

5.やる気のない実習生への指導でストレスを感じる。

人によってストレスを感じるシーンは異なりますが、多くの人がこのような場面でストレスを感じているようです。

上手いストレスの解消の仕方をご紹介

1.親しい同僚や友人と会話をして憂さ晴らしをする

2.美味しいものやお酒を飲んで楽しい時間を過ごす

3.時間がある時にはしっかりとした睡眠をとるように心がける

4.嫌なことがあっても考えすぎずにすぐに忘れる

5.ストレスの原因がはっきりとしているのならその原因から距離を置く

このように、ストレスの解消方法はいくつかあります。どれも手軽にできる方法なので、ストレスを感じた時にはぜひ試してみてください。

ストレスを感じた時に気をつけるべき点とは

1.体重が減っていないか、体調を崩しやすくなっていないか

2.笑うことが減っていないか

3.暴飲暴食をしていないか

ストレスを感じた時には、上記の三つの点を確認してみましょう。体重が減っていたり体調を崩しやすくなったりしている時には、自分が感じている以上にストレスを受けている可能性があります。薬剤師になる前よりも笑顔の回数が減っている人は、ストレスが溜まっていると判断することができるでしょう。ストレスが溜まると暴飲暴食をして解消する人も多いですが、このことで激太りをしてしまって健康にも悪影響を与えることがあります。日頃から自分のストレス度合いをよく確認して早いうちにストレス解消することが大切です。

まとめ

ここでは、薬剤師の職場でのストレスについて紹介してきました。どんな職場でもストレスを感じることはあります。自分なりのストレス解消法を見つけて日々の業務を頑張りましょう。

薬剤師の残業について

これから薬剤師として働く人の中には、どのくらいの残業があるのかと気になっている人もいるのではないでしょうか?そこで、ここでは職場ごとの残業の実態、残業代について紹介します。

残業が長くて辛い人は転職を考えてみよう

今の職場では残業が多く、とても辛いと感じている人も多いのではないでしょうか?そんな人は残業の少ない職場への転職を考えてみましょう。転職を考えている人におすすめなのが転職サイトです。

おすすめの転職サイトとして薬キャリがあります。このサイトでコンサルタントに残業が少ない職場を探していると伝えるだけで、希望するエリアで最適な職場を紹介してくれます。

各職場での残業はどのくらい?

製薬会社

この職場は、薬剤師の職場の中で最も残業が多いです。製薬会社の薬剤師は、医薬品卸企業の朝礼に間に合うように支度をするために朝早くから出勤し、メールの確認や資料の準備などを行います。プレゼンテーションなどの準備では、残業代が発生しないケースもあります。さらには夕方から勉強会などをするケースがあり、長時間労働となるケースも多いです。

調剤薬局

調剤薬局では、各会社の方針や時期によって残業時間が異なります。全体的には、残業があるのは当たり前と考えておく方が良いでしょう。時期によっては患者数が増えるケースもありますし、棚卸の時期では深夜まで作業をするケースもあります。

病院

病院でも、規模や方針によって残業時間に違いがあります。薬剤師が不足している所も多く、一人が担当する病棟が多い場合には定時で帰宅するのは難しいです。

ドラッグストア

ドラッグストアでは24時間営業をしているところも多く、シフト制で働くため一般的な労働時間は1日10時間と考えておいて良いでしょう。この職場では、比較的早い段階で店長などを任されるケースがあり、様々な雑用によって残業するケースもあります。

残業が少ない職場とは

医薬品卸企業

薬剤師の職場の中で最も残業が少ない職場です。基本的には大手上場企業なので、午後5時には営業が終わり午後6時に帰宅している人も多いです。

企業の管理薬剤師

医薬品の品質管理などを行う企業に勤めている管理薬剤師も残業が少ない職場です。他の業種よりも年収が下がりますが、残業が少ない環境を求めている人にはベストな環境と言えるでしょう。

派遣薬剤師

調剤薬局などでは派遣薬剤師として働く人も多いです。経費を抑えるためにも残業をさせないようにする経営者も多いために残業が少ないです。忙しい時には、残業を頼まれるケースもありますが、比較的残業が少ない業種です。

サービス残業に対する対策はあるの?

ここからは、サービス残業で苦しんでいる人に向けて対策方法を紹介します。

1.上司に人材不足を伝える

限られた人材で業務をこなすことで企業に貢献はできますが、人材不足を伝えずに業務をこなしていれば、上司はあなたがしている業務は今の人員数で十分だと思ってしまいます。人材不足によってサービス残業をしているなら上司に積極的に伝えることが大切です。

2.就業規則をよく確認しよう

サービス残業をなくすためには、まず就業規則をよく確認することが大切です。今の勤務先が個人薬局や小規模のチェーン店であれば、直接トップとこの就業規則について意見を言うのも良い方法です。同じ職場で働く人達を味方につけることでスムーズに交渉もしやすくなるでしょう。

3.別の勤務先に勤める

単純にサービス残業がない職場へ転職をしてしまえばこの悩みからも解放されます。複数の店舗がある会社であれば、暇な職場へと異動を願い出るのも良いでしょう。

一般的な残業代はどのくらい

残業代は勤務先によって異なりますが相場は2000円から4000円です。管理薬剤師になると残業代は出ないですが手当として約3万円程度支給するのが一般的です。

残業が少ない職場はどうやって探すの?

ここからは残業が少ない勤務先の探し方について紹介します。

1.他の職場で働いている知人から話を聞く

残業があるかどうかを確認する方法として最も頼りになるのが、目的の職場で働いている知り合いに話を聞くことです。残業が少ないことがわかり、求人が出ているようなら転職を考えるのもよいでしょう。

2.転職サイトを活用する

転職サイトでは様々な相談をコンサルタントが受け付けています。各職場の残業についてコンサルタントが把握しているので、残業が少ない職場も見つけやすいです。

3.各会社に出向いて見学をする

一般的にどこの職場でも、本人が希望すれば1日の業務の流れを見学することができます。残業が発生しやすい夕方の状況を確認することで、自分の目で働きやすい職場であるかどうかを確認することができるでしょう。

残業によって辛い思いをした人の体験談をご紹介

病院勤務をしていた人の中には、終業時間が17時15分だったにも関わらず、誰一人その時間になっても帰らないような職場で働いていた人もいます。残業の割に収入が少なかったので自分で計算してみると、残業代は時給にすると約1800円程度だったそうです。この程度の残業であれば他の職場で働いた方が良い時給がもらえます。また、学会発表のためのデータ収集や資料作成の時間は残業扱いにもなりません。収入があまり増えないだけでなく、忙しさのあまり家族との時間が取ることができなかったことはとてもつらかったそうです。

まとめ

ここでは、薬剤師の残業について紹介してきました。調剤薬局やドラッグストア、病院などでは残業が当たり前となっている環境です。派遣なら高時給で残業もほとんどなく働くことが可能です。残業で辛い思いをしている人は、他の職場で働くことも検討してみてはいかがでしょうか?

多くの薬剤師さんが気になる職場ごとのお休みについて

薬剤師として働く際に気になるのが休みという人も多いことでしょう。ここでは、職場ごとの休みについて解説します。

職場ごとの休みについてご紹介

1.病院の休みについて

病院は、土日や休日の休みが多い職場です。これは、外来は平日のみとしている病院が多いからで、外来の休みに合わせて薬剤師も休みとなります。ただこれは一般的な病院のケースで、急性期病院や病床数が多いところでは、週に2日の休みすら難しい場合もあります。

2.調剤薬局の休みについて

病院では外来が基準となりましたが、調剤薬局では門前クリニックに合わせるところが多いようです。門前クリニックが土日休みであれば、調剤薬局も土日休みとなりますし、周辺に様々なクリニックが集まるエリアでは土曜日も営業するケースもあります。

3.ドラッグストアの休日について

ドラッグストアでは年中無休で営業しているところも多く、基本的には完全シフト制です。多くが週休2日ですが、必ず2日取れるというわけではなく、職場のシフト状況によって変わってきます。ドラッグストアによっては、処方箋の受付が日曜日は閉めているところも多く、薬剤師は日曜日に休みが取れるケースが多いようです。

4.製剤薬局の休みについて

製剤薬局は、一般的なサラリーマンと同じで、暦通りの休みが取れるケースがほとんどです。

5.公務員薬剤師の休日について

市役所や役所に勤務している薬剤師は、公務員と同じ働き方になります。ただ病院勤務になると土日も出勤するケースがあります。病院勤務以外であれば基本的に土日祝日は休みと考えておいて良いでしょう。

6.医薬品卸企業の休日について

一般企業と同じで、暦通り土日や休日は休みとしているところがほとんどです。職場によっては当番制で土日に出勤するケースもあるようですが、出勤をすれば他の日に振替休みが取れる職場が多いです。

土日の休みが取りやすい職場はどこ?

最も土日の休みが取りやすい職業は公務員です。病院や製薬企業、医薬品卸企業も土日休みが取りやすい環境です。ただ病院勤務では、規模などによって取れにくい職場もあるので注意が必要です。

休みが少ない職場での対処法をご紹介

1.信用を得ることが大切

信用を得ていない状態で、休みを増やしてほしいと言っても増やしてもらえる可能性は低いでしょう。職場でしっかりと信用を築き、結果を出していくことで信用が高められ、今までより休みが取りやすい環境を作ることができます。

2.権限のある上司に申告をする

大きな職場では難しいかもしれませんが、比較的小さい職場であれば権限のある人に休みの申告をする方が大きな力となってくれます。おすすめは、社長に近い人材でもある部長クラスの人に申告をする事です。

3.中規模以下の企業で、代休が発生せず、代休手当になっている場合には、本部に直接交渉するのも良い方法です。この時には、休みが取れていない証拠や法的根拠を用意してから行動します。交渉では一人で行ってもうまくいかないケースもあるので、業務に支障がない仲間と一緒に行動すると良いでしょう。

4.労働基準監督署に通報する

確かな証拠があるにも関わらず、本部や上の人が動いてくれない時には、労働基準監督署に通報する方法もあります。報告する際の方法としては、電話、メール窓口、直接報告の3つの方法があります。

5.労働基準監督署への報告が難しいなら弁護士に相談する

仕事が忙しくて労働基準監督署に直接出向くことができないケースもあるでしょう。このような場合には手数料はかかりますが弁護士に相談するのも良い方法です。

6.転職をする

中小規模の会社では、休みが取れないと悩む薬剤師が多いようです。このような職場ではどんなに訴えても良い環境とならないケースもあります。このような場合では、大手企業に転職するのも良い方法です。大手企業では働き方改革をしていることも多く、比較的休みは取りやすいので、思い切って環境を変えることを考えてみましょう。

転職を考えている人に最適なサイトをご紹介

今の職場で、休みが取れずに悩んでいる人は転職を考えてみるのも良い方法です。良い環境を見つけるために役立つのが転職サイトです。

おすすめのサイトとしては、

・薬キャリ

・マイナビ薬剤師

・リクナビ薬剤師

があります。

薬キャリは、多くの薬剤師が登録していて知名度も高いので安心して利用できるサイトです。希望する転職先の条件が決まっている人にはおすすめです。マイナビ薬剤師は、大手との実績も高く、コンサル面でもしっかりしている会社です。特定の企業手の有給休暇取得率を知りたいと伝えても問題なく対応してもらえるでしょう。リクナビ薬剤師は、複数の会社に面接を行うことができ、実際に見学ができるのが大きな魅力です。

まとめ

ここでは、それぞれの職業の休日について紹介してきました。どのような職業に就くかによって休日の鳥やすさも違ってきますし、同じ職業でも会社によっては休日がとりにくいところもあります。それぞれの職業の休日についての知識を身につけ、これからの働き方を検討してみてはいかがでしょうか?

ダブルワークを考えている薬剤師さんの注意点とは

薬剤師さんの中には、ダブルワークを考えている人もいるのではないでしょうか。ここでは、ダブルワークをする際の注意点やおすすめの仕事を紹介します。

ダブルワークに最適な仕事とは

1.派遣薬剤師として単発の仕事をする

ひと月に一回だけ、月に数回だけ働きたいという人もいるのではないでしょうか?そんな人にオススメの働き方が派遣です。派遣なら単発の仕事もあるので、このような働き方をすることができます。様々な薬局で経験を積むことでスキルアップも可能です。

2.二つの調剤薬局で働く

一つの調剤薬局をメインにして、もう一方を週に1回程度勤務をすることでダブルワークも可能になります。ドラッグストアでは週一だけ働くのは難しいですが、調剤薬局なら人手が少なくなるタイミングを狙って勤務することでダブルワークも可能になるでしょう。

3.自宅でライティングをする

薬剤師であれば医療や薬についての専門知識があるので、その知識を活かしたライティングも可能です。専門知識を有したライターを希望するクライアントもいるため、経験を積むことで継続した依頼を受けることも出来るようになります。

4.翻訳の仕事をする

クラウドソーシングを活用すれば自宅で翻訳の仕事を受けることも可能です。長期休暇には海外旅行をしたり語学留学をしたりしたいと考えている人もいるでしょう。日頃このような仕事を受けることで英語力アップも期待できます。

5.動画編集の仕事をする

動画の編集ソフトに使い慣れている人は、動画編集の仕事を受けてみてはいかがでしょうか?最近では動画コンテンツの需要も高まり、依頼によっては10分程度の文字を入れる編集で3000円程度の仕事もあります。在宅ワークとして最適な仕事なので手軽にダブルワークをすることが可能です。

6.講師として働く

人に教えることが好きな人は、登録販売業者や看護学校などで講義や授業を行うのも良いでしょう。薬に関してだけでなく、国家試験の勉強方法などを教えることも可能です。

ダブルワークでの注意点をご紹介

1.管理薬剤師のダブルワークは禁止

管理薬剤師の肩書がある人は、薬剤師業務のダブルワークは禁止となっていることを忘れてはいけません。そのため、このような立場の人は、在宅ワークでライティングや動画編集などを行うとよいでしょう。キャリアに傷をつけないためにも、この立場の人は注意が必要です。

2.ダブルワークを認めている会社かどうかを確認しよう

薬剤師の勤務先として、調剤薬局やドラッグストア、病院などがありますが、多くがダブルワークを認めていません。勤務している会社や病院に迷惑をかけないような働き方をすることが大切です。

3.始める前に何のためにダブルワークをするのかを考えよう

ダブルワークをする前に、自分がなぜこのような働き方をするのかについてよく考えることが大切です。家族のために仕事を増やしたのに、家族との時間が作れなくなって家庭崩壊してしまえば意味がありません。ダブルワークをする人は、金銭的な問題、スキルアップのためなど、目的は様々です。ダブルワークによって本業がおろそかにならないようにするためにも、始める前には目的をよく考えましょう。

4.ダブルワークをすることを誰にも話さない

ダブルワークをしていることを人に話してしまうと、本業に専念しなくていいのか、そんなことをして法的には問題ないのかと色々な人から質問をされることがあります。また人に話したことでメインの職場で変な噂が立って迷惑がかかることもあります。

ダブルワークの利点

1.自分の価値を高められる

本業一本で忍耐力をつけることも大切ですが、多様性を持たせて自分の市場価値を高めるには良い方法です。病院だけ勤務していても、調剤薬局で働いてみると求められる仕事も違うと感じることがあります。転職をする際にも、経験があるかどうかは採用に大きな差が出てきます。若いうちから様々な経験を積みたいと考えている人には最適な働き方です。

2.貯金を増やしやすい

単純に考えても、労働時間が増えればそれだけ収入も増えることになります。単発の仕事であっても、時給3000円以上の求人も多く、数時間働くだけで1日数万円稼ぐことも可能です。さらにこれを数年続けることで、大きな資産ともなり、投資資金として活用することも可能となります。

3.働くことでのリスクを軽減させられる

現代は環境の変化が早いため、今後、薬剤師として働き続けることができるのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか?薬剤師以外のスキルを身につけておけば、このような不安も軽減させることができます。本業を疎かにするのは良くありませんが、様々な環境の変化を視野に入れた上で行動することで労働に対してのリスク軽減ができます。また、他分野のスキルを身につければ本業の視野を広げることにもなるでしょう。

薬剤師としてダブルワークを考えている人に最適な転職サイト

ダブルワークをするための職場を見つけるためにオススメなのが、転職サイトを活用することです。

おすすめの転職サイトとしては、

・マイナビ薬剤師

・ファルメイト

・薬キャリ

があります。

マイナビ薬剤師は、ダブルワークに対する理解がある会社ですし、ファルメイトは、関東や関西で最低時給を保証しています。薬キャリでは、地方の求人も網羅しているので、これらの転職サイトを活用することで、良い職場探しをすることができるでしょう。

まとめ

ここでは、ダブルワークに最適な仕事や注意点、利点などについて紹介してきました。ダブルワークをすることにより様々な経験や知識が身について本業に活かせることもできますし、場合によっては本業よりも高い収入を得られる可能性もあります。本業に支障が出ないように、時代に合った働き方をしてみてはいかがでしょうか?

扶養内と扶養外!どちらが得をする働き方?

女性薬剤師さんがパートで働く時には、多くの人が扶養内で働きたいと考えているのではないでしょうか?扶養内で働くことでメリットがあると思っている人も、具体的にどんなメリットがあるのかを知った上で働いている人は意外に少ないです。働き方によっては逆に損をしてしまうこともあります。ここでは、扶養内でパートとして働く時に感じる疑問をすべて解説します。

そもそも扶養内とは

扶養としては、

・所得控除などが受けられる税制上の扶養

・健康保険や年金などの社会保険上の扶養

の2種類あります。

この扶養での特典を受けるためには、それぞれの適用条件を知っておく必要があります。

税制上の控除は103万円から150万円の壁へ

奥さんの収入が103万円以下であれば、奥さんの所得税が免除になるだけでなく、夫の所得税も軽減され、これが税制上の扶養です。この特典を受けるために、103万円を超えないように働く人も多いですが、それ以上の収入を得たとしても、141万円までなら配偶者特別控除があるので、急激に税金が増えることはありません。2018年には税制改正によって適用範囲が拡大され、妻の年収が150万円以下で夫の年収が1220万円以下であれば控除が受けられるようになりました。今までは妻の年収によって控除額も決まっていましたが、これからは、夫と妻両方の年収に応じて段階的に控除が受けられます。

今後配偶者控除は見直される可能性もある

2018年の改正によって、パートなどでも多くの収入が得られる環境となりましたが、さらに女性が労働時間を気にせず働けるように引き続き見直しがされているようです。今後も制度の改正がある可能性もあるので注意しましょう。

社会保険料の控除は130万円が壁

社会保険上の扶養は、妻の収入が130万円未満の場合に、夫が加入している社会保険の被扶養者となり、支払いが免除される制度です。130万円を超えてしまうと、自分で保険料を支払うことになり、扶養外で働いていても、手元に残るのは扶養内と同じくらいになってしまうことにもなります。

大手ドラッグストアなら106万円が壁

2016年10月には、短時間労働者に対する社会保険の適用拡大が施行されました。このことで、年収が130万円を満たなくても、要件を満たせば年収106万円以上で社会保険の加入が決めつけられることとなりました。その要件は下記の通りです。

・勤め先の従業員が501人以上

・一週間の労働時間が20時間以上

・1年以上継続した雇用が見込まれる

・月額賃金が88000円以上

・学生ではない

小さな薬局などであれば問題はありませんが、大手ドラッグストアのような全国展開している企業では、すべて当てはまる可能性があるので、このような企業で働くときには注意が必要です。

薬剤師が一番得する働き方をご紹介

薬剤師は他の業種と比べて時給が高く設定されているので、他の業種と同じような感覚で働いていると、扶養範囲をすぐに超えてしまうことになります。とはいっても、扶養を外れて働くと、結局扶養内で働いた方が手取りは多かったということにもなります。このようなことが起きないためにも実際にシミュレーションをしてみることが大切です。

扶養を外れて働いたのに収入が減るケース

妻の収入が103万円以上であっても、年収が150万円までであれば、配偶者特別控除が適用されるので、夫の所得税は段階的な控除となり、極端に税負担が大きくなる心配はないでしょう。しかし、妻の年収が130万円を超えたことで社会保険に加入することになると、手取りは130万円以下ということにもなってしまいます。

月収10万円なら、10万円×12ヶ月で年収は120万円なので、社会保険の扶養内なので保険料を支払わなくて済みます。しかし、月収が11万円になると年収は132万円となって保険料が発生します。

平成31年度の大阪府の保険料は、

・健康保険5604円

・厚生年金10065円

で、計15669円です。

この保険料を、月収110000万円から引くと94331円で、年収は113万1972円となります。このケースでは、扶養外で働いたにも関わらず、扶養内で働いた時よりも約68000円も低くなってしまったことになります。このようなことが起こらないような扶養外の働き方では、年収の目安を150万円以上と考えておくと良いでしょう。

パートで年収150万円得るのは大変と感じますが、月収にすれば12万5000円です。時給2000円なら、1日4時間で週4日の勤務で得ることができるでしょう。これなら、意外にも無理なく得られると感じたのではないでしょうか。

扶養外で働くメリット

世帯収入が上がる

時給の高い薬剤師は少ない日数や短時間勤務でも多くの収入を得ることができます。そのため扶養外で働くことで世帯の収入を上げることにつながります。時給の高い薬剤師は、扶養内外にこだわらず働くと良いでしょう。

自分で社会保険料を払うことにもメリットがある

扶養内で保険料を払ってもらう方が得のような感じがしますが、実際は自分で加入する方が手厚い保証を受けることができます。思わぬ怪我や病気で働けなくなっても傷病手当金が支給されますし、女性が出産で仕事を休む時には出産手当金や出産育児一時金が支払われます。介護保険に加入していれば介護が必要になった時に少ない負担でサービスを受けることも可能です。

仕事はどうやって探すの?

扶養内で働こうとすると、働く時間や日数などが絞られるので、条件に合った職場を見つけるのも難しいです。そんな時には紹介会社の利用を考えてみましょう。扶養内で働きたいと考えている人は意外に多く、条件に合った職場があっても倍率が高いので、採用される可能性がとても低いです。そんな応募の殺到を防ぐために、紹介会社では非公開求人があります。登録した人だけに紹介する非公開求人なら、採用されやすいというメリットがあります。仕事を探していてもなかなか見つからない時には、紹介会社に登録をして相談をしてみましょう。

派遣薬剤師の不安や疑問を解消しよう!

結婚や妊娠、出産などによって退職し、子育てが一段落してから復帰を考える女性が多いです。そんな女性は、仕事と家事が両立しやすいパートやアルバイトという働き方を選ぶ人が多いですが、派遣という働き方も考えてみましょう。派遣と聞くとデスクワークをイメージする人も多いですが、女性薬剤師にも適した雇用形態です。ただ、派遣は悪い評判を聞くこともあり、不安を感じている人もいるのではないでしょうか?そこで、ここでは派遣での疑問や不安を解消します。

悪い印象もある派遣の実態とは

派遣と聞くと、「高収入」、「高いスキルが必要」、「定時退社が可能」などの印象がある反面、「職場が色々と変わる」、「不安定」などの印象もあります。しかし、これらの印象は多くが誤解でもあります。

派遣は高収入?

派遣の雇用はパートやアルバイトよりも高い時給で勤務するケースが多いです。「ブラック企業」、「激務だから」という理由で高収入なら、派遣として働くのはとても勇気もいります。しかし、薬局が薬剤師を派遣で雇う理由は、人手不足だからです。派遣会社にお金を出してでも、すぐに人材が欲しいという理由で依頼をしています。そのため、結果的に高収入を得ることができます。また、すぐにでも即戦力として活躍してほしいため、高いスキルを持っていることを前提として依頼していることも時給が高くなる理由です。そのため、派遣だからといって、派遣先がブラック企業、激務という心配はしなくても良いでしょう。

派遣は社会保険への加入は不可?有給取得はできない?

派遣は福利厚生では不利になるのではと思っている人もいるでしょう。しかし、派遣の雇用主は派遣会社なので、社会保険への加入も条件を満たせば可能ですし、福利厚生が充実している派遣会社もあるようです。有給は労働基準法で定められているので、派遣だからといって取得できないということはありません。

契約を切られると仕事がなくなる?

派遣は、人手不足を補うための穴埋めでもあることから、繁忙期を過ぎれば契約を更新されないケースもあります。派遣法では同じ派遣先で最長3年まで働くことができますが、薬局では3ヶ月~半年で契約満了となることが多いです。しかし、勤務態度や能力によって、長く働く人も多くいます。更新されなくても一ヶ月前には通知を受け、その間に次の職場を探してもらうこともできます。

多くの人が気になる派遣薬剤師のQ&A

時間で働ける?

Q.前の職場は妊娠を機に退職しましたが、そろそろ子供を保育園に預けて働きに出ようかと考えています。保育園のお出迎えに間に合うように15時までに退勤できる職場を探しているのですが、派遣でも可能でしょうか?

A.もちろん、派遣でも時短勤務や扶養内で働くことができます。派遣では、担当者に働ける時間や曜日を伝えることで、その条件に合った仕事を探してくれます。また自分では、直接交渉しにくい雇用条件も担当者が上手く交渉してくれるので安心です。

人間関係が心配

Q.短期間で職場を変わると、毎回一から人間関係を築く必要があり、とても不安を感じています。

A.派遣であれば、担当者からあらかじめ職場の雰囲気なども聞くことができます。話だけでは不安な人も、担当者と一緒に派遣先の見学や顔合わせが可能ですし、人間関係でトラブルが発生しても担当者に相談することで対応してもらえます。

高いスキルがないと働けない?

Q.派遣と聞くと、高いスキルが必要だというイメージを持っていて、自分では仕事が見つからないのではと不安を感じています。

A.確かに派遣では即戦力となる能力が必要です。しかし、派遣薬剤師では、薬局の運営業務よりも調剤・投薬が中心なので、これらの業務ができれば問題ありません。目安としては、調剤経験が1~2年程度あれば心配なく働けるでしょう。

まとめ

派遣に関して様々なイメージを持っている人も多いでしょうが、誤解をしていたと感じた人も多いのではないでしょうか。子育てママさんは、働ける時間も限られますが、派遣を活用することで、隙間時間で高収入を得ることも可能です。復帰を考えている人は、派遣という働き方も考えてみてはいかがでしょうか。

非正規社員でも育児休暇は取れるの?

薬剤師は女性の割合が多く、その女性の多くは妊娠や出産を機に会社を退職するケースが多いです。しかし、育児休暇制度が取り入れられるようになってからは、退職するのではなく休職して、育児などが落ち着いてからまた復帰するという流れが定着しつつあります。そのため、女性が職場選びをする上で育児休暇制度があるかどうかはとても気になるところでしょう。この制度はパートやアルバイトなどの非正規社員であっても条件を満たしさえすれば取得することは可能です。

育児休暇を取得するためのポイントを知っておこう

【取得には条件がある】

育児休暇は正社員のみが取得できると思いがちですが、非正規社員であっても条件を満たせば取得が可能です。取得するための条件が「同じ職場で1年以上勤務する」ことです。この条件を満たしていれば育児休暇の取得が可能となります。

【育児休暇制度を導入していること】

育児休暇を取得するための条件を満たしていても、勤務先がこの制度を導入していなければ取得することができません。そのため、この制度を利用したいと考えている人は、事前にこの制度を導入しているかを確認することが大切です。

国立病院や自治体などが運営している機関ならこの制度を利用しやすい環境が整備されていますし、大手のドラッグストアや調剤薬局などでも、多くの薬剤師が在籍しているため育児休暇を取得しやすい職場もあります。

小規模の会社では、育児休暇制度を導入していないのではと思いがちですが、導入している職場も数多くあります。小規模の会社の情報は入手が難しいため、紹介会社などを利用すると良いでしょう。

人材不足と時給との関係を知っておこう

現在の医療機関では、薬剤師不足の問題を抱えています。この問題の原因として、看護師と同じように女性の比率が高いことが挙げられます。女性は結婚や出産を機にやめてしまう人が多いため、どうしても人材不足となります。このことで、地方などでは人材不足が深刻となり、時給も高額となっているケースがあるようです。職場によっては、高時給の上に、住宅手当なども支給するところもあるようです。

まとめ

育児休暇を利用したい人は、同じ職場で1年以上勤務し、その職場が育児休暇制度を導入している必要があります。仕事と育児を両立させるためにも、この制度をうまく活用しましょう。

薬剤師が人材不足となっている真相とは

今の日本では、雇用形態にかかわらず薬剤師の不足が問題視されています。この問題の背景には、薬剤師を育成するにあたり、4年から6年へと変わった「空白の2年間」が影響していると言われています。育成期間が変わり、2年間新しい薬剤師を輩出できなくなったことで、様々な職場で入社数が激減します。さらには、調剤薬局やドラッグストアの新店舗開設も影響しています。店舗が増えているにもかかわらず、薬剤師の育成が間に合わなかったことで、需要と供給のバランスが崩れ人材不足に陥ります。しかしこの状況は、薬剤師にとって、容易に職場を見つけられると言うチャンスでもあります。人手不足によって高待遇で迎えている職場も多く、高収入も期待できます。こんな時代だからこそ、自分に合った職場も探しやすいことから、職場環境をよく見極めて職場選びをすることが大切です。

自分のスキルに合った職場かどうかを見極めよう

薬剤師の需要が日々高まっているため、求職者にとってはとても良い環境です。しかし、容易に転職できるという状況だからこそ、自分のスキルに合った職場選びが大切です。人間関係によって前職を退職したにも関わらず、給与面だけで判断してしまうと、また同じように人間関係で悩まされる可能性もあります。また、職場によっては、経験不足を把握しているにも関わらず、ハイレベルな業務を任されるケースもあります。転職しやすい環境ですが、自分のスキルに合った業務なのか、職場環境なのかをよく確認して職場選びをすることが大切です。

今後も人材不足は続くのか?

今後の人材不足は、6年制薬剤師が市場に進出するかどうかで変わってくるでしょう。進出するような状況になれば、採用の難易度も上がるので、今までのような状況は続かないと考えられます。そのため、人材不足の今こそ転職のチャンスです。ただ、判断を間違えるとピンチにも陥ることから、冷静に職場選びをしてからの転職が重要です。

まとめ

転職を考えている人は、現状把握することが重要です。現状を把握した上で自身のスキルをしっかりと見直して、転職する理由を満たす職場選びをしましょう。このことで、薬剤師としてやりがいを感じながら楽しく働くことができます。