薬剤師で年収1千万に挑む方法とは

薬剤師で年収1千万に挑むことを目標にしている人もいるかと思いますが、具体的にどのように目指したらいいのかと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、ここでは具体的なコツについて紹介します。

転職サイトを活用しよう

年収1千万に挑むためには、良い職場を見つけることが大切です。そんな職場探しでおすすめなのがファルマスタッフという転職サイトです。ここは、厚生労働省から職業紹介優良事業認定を受け、年収を増やすためのフォローもしてくれて年収を1千万にしたい人には最適な企業です。

男女別の平均年収を知ろう

年収1千万に挑むには、まず平均年収を知っておくことが大切です。平均年収を知ることで、どのくらい頑張れば1千万に到達するのかの目安にもなるでしょう。

男性の薬剤師の平均年収は約580万円で、40代にもなれば700万円程度が平均となります。女性の場合は育児などによって時短勤務をする人が多く、男性と比べて平均年収は下がります。女性の平均年収は約500万円、キャリアアップをすれば40代で年収600万円以上に挑むことも可能です。

目標を達成するための具体的な方法をご紹介

1.専門医師と親しくするためにも医師が開業すると同時に自分も薬局を開業する

2.売りに出されている薬局を買い取って開業する

3.処方箋枚数40枚をひとりでこなせる薬剤師となって独立をする

4.夫婦ともに薬剤師となって働く

5.キャリアアップをして役職につくことで年収1千万円に挑む

6.新卒からMRのみで働く

7.薬剤師に特化したWebサイトの運営を行う

8.時給の高い派遣やバイトなど、二つの仕事を掛け持ちする

9.MR、アルバイト、副職と三つの仕事を掛け持ちする

10.年収800万円程度の企業で働き、残りは派遣や副業で稼ぐ

11.年収1千万円で募集している求人を常に確認する

12.博士号を取得して薬学教授に挑む

13.地方で事業展開している企業の専務取締役になって稼ぐ

年収1千万円に挑む人が注意すべき点や心構えをご紹介

1.年収が高い勤務先は多忙であることは覚悟して選ぶ

2.年収が高い職場は一般的な職場と比べて休みが少ない

3.独立をしたり役職についたりすれば結果が求められる

4.副職をする前に副職ができる職場かどうかを確認してから行う

5.多忙になると家族との時間が少なくなるので意識的に家族との時間を作るようにする

6.一度生活水準を上げると下げにくいので生活の質を極端に上げないようにする

7.20代では目標達成は難しいのでこの年代では準備期間と考えて行動をする

年収を効率よく増やすコツをご紹介

1.転職サイトを利用して高収入が得られる勤務先を紹介してもらう

2.自分で年収の高い職場を見つけて直接交渉をする

3.独立をした人は医師と親しくなることが収入増加への近道

4.薬局をしている薬剤師と結婚をする

5.薬剤師になって2年目までならMR職への転職を考える

6.独立に必要な資金集めのためにも他業種の人も大切にする

年収を増やすための転職を考えている人に最適な転職サイトをご紹介

年収を増やすための転職サイトは、上記で紹介したファルマスタッフ以外にも、

・薬キャリ

・マイナビ薬剤師

・リクナビ薬剤師

があります。

薬キャリは派遣薬剤師に強いですし、マイナビ薬剤師では企業に給料の交渉などもしてくれます。リクナビ薬剤師は面接対策が充実しているのが特徴です。それぞれで特徴があるので、自分に合った転職サイトで希望の勤務先を見つけましょう。

まとめ

ここでは年収1千万円に挑む人向けに、具体的なコツを紹介してきました。1千万円という目標を達成するのは容易ではありませんが、薬剤師なら達成できないことでもありません。自分に合った方法で年収1千万円を目指しましょう。

英語を活かせる職場を探したい薬剤師さんに職場探しのコツをご紹介

英語が得意な人は、その語学力を活かして薬剤師の業務で活躍したいと考えている人もいるでしょう。そこで、ここでは英語が活かせる求人の探し方や具体的な仕事内容について紹介します。

英語を活かせる業務にはどんな仕事があるの?

1.服薬指導で英語を活かせる

最近では、日本でも外国人の患者さんも増えてきています。そんな外国人の利用者が多い日調剤薬局であれば、外国人の患者さんに薬の用法や用量、飲み合わせなど、服薬指導を英語で説明をすることができます。

2.持参している薬を鑑別するときにも活かせる

海外の観光客が増えている日本では、外国人の人が緊急入院することもあります。そんな時には、緊急入院した患者さんが服用する薬を鑑別するのも薬剤師の仕事です。海外の薬なので英語表記がされていることもありますし、患者さんやご家族にヒアリングを行うケースもあります。また、患者さんによってはいつもと同じ薬が欲しいと訴えるケースもありますが、この時にもどのような対応をするのかについて英語で説明をします。

3.品質管理で英語を活かせることもある

海外にも事業展開をしているような化粧品会社や製剤では品質管理が必要になります。この品質管理では英文で書類をまとめたりする仕事もあります。英語力が高い人は、海外からのクレーム処理を任されるケースもあるようです。

4.メディカルライティングの仕事で英語力を活かす

メディカルライティングとは、医療論文や治験などの文面を作成する仕事です。この仕事では、海外の様々な情報や論文を読解する能力が求められますし、納期を守ることも重要です。この仕事では、英語力があるだけでは難しく、薬剤師のような医療知識が豊富な人でないとこなすのは大変な仕事です。

5.医薬品の相談

ドラッグストアなどに勤務していると、海外の観光客から薬に関しての相談を受けることもあります。特に航空内に設置されたドラッグストアなどではこのような場面が多くあるようです。観光客だけでなく、外国人労働者も増えていて、そのような労働者が多い地域でも相談をされるケースが多いでしょう。

英語を活かせる職場を探すコツをご紹介

薬剤師が英語を活かせる場面は意外に多くあるのですが、そんな職場を探すのにはどうしたらいいのかと悩んでいる人もいるでしょう。ここからは、英語を活かせる職場を探すコツについて紹介していきます。

1.国際線のある空港

海外の人が訪れる場として、まず挙げられるのが空港です。航空内には診療所やドラッグストアが入っていることもあり、このような職場なら英語が活かせるので、求人を探すときには、国際線のある空港から探すのも良い方法です。

2.外国人に人気の観光地

日本には複数の観光地がありますが、その中でも海外の人に人気となっている観光地もあります。そのような観光地にある調剤薬局やドラッグストアから探すのも良い方法です。ネットで検索する際も、「観光地」のキーワードを使って探すのも良いでしょう。

3.外国人労働者の多い地域で探す

外国労働者が働いている企業周辺に絞って探すのも良い方法です。このような地域であれば、外国人に出会えるチャンスも多いです。

4.思い切って海外に移住する

アメリカやヨーロッパでは、その国で認められた薬剤師でないと仕事をすることができませんが、タイやシンガポールであれば日本の薬剤師も活躍しています。英語力を活かしたいならこのような国に思い切って移住するのも良いでしょう。

5.病院勤務を希望するなら外国人患者の受け入れを認証されているかを確認

病院によって、外国人の受け入れ体制が整っているところもあれば、そうでないところもあります。第三者機関から、外国人の患者受け入れ態勢が整っていると認められた病院であれば、外国人患者さんも多く来院されることから英語力を活かしやすい環境となります。

6.転職サイトを利用する

手軽な方法で探したい人は、転職サイトで英語力を活かせる職場を探してもらうのも良い方法です。希望を伝えておくことで、良い職場が見つかればすぐに連絡をしてもらえます。

海外で働く際の注意点を知ろう

海外で働けば得意な英語を思う存分活かすことも可能なのですが、注意点があります。ここからは、その注意点について紹介します。

1.日本の資格がその国で適用されるのかを確認する

日本で取得した資格は、国内だけで通用する資格だと考えておく必要があります。海外では認めている薬でも、日本では認められていない薬もあり、その国によって事情も異なってきます。海外で働く際には、基本的にその国で薬剤師になるための試験にパスする必要があります。

2.自分の英語力を過信しない

海外で薬剤師の仕事をこなすためには、高い語学力が必要になります。日常会話はもちろんのこと、医療に関する専門用語も知っておく必要があるでしょう。また、言葉を知っていても、患者さんに理解してもらえるようにうまく説明する必要もあります。少し英語に自信があるからと安易に海外で働くと、語学力の低さによって苦労することもあります。自分の英語力に過信せず、しっかりと英語力を高めることも必要です。

3.海外では生活費以外でも多くのお金が必要になる

海外で働く際には、その国で生活する為の費用をしっかりと確認してから行くことが大切です。海外では歯の治療では保険外の費用が発生しますし、働くためには就労ビザの費用のことも考えておく必要があるでしょう。就労中に免許の更新がきてしまうと、一度日本に帰国しなければいけないことにもなってしまいます。様々なことをシュミレーションして、どのくらいの費用が発生するのかを調べておくことも大切です。

4.生活環境や文化をよく確認する

海外で生活すると、慣れない生活環境や独自の文化によって大きなストレスを受けることもあります。このようなことが怒らないように、生活の場となる国の生活環境や文化をよく確認しておくことが大切です。

5.勉強に必要な書籍を持参しよう

勉強しようと思っても、海外では日本語の書籍は入手しにくいです。そのため、勉強などに必要な書籍は日本に居る時に入手しておく方が良いでしょう。日本なら様々な書籍を入手しやすく、日本語表記がある様々な書籍を用意しておくことで薬剤師の勉強もしやすくなります。

最適な職場を見つけるためにオススメの転職サイト

・マイナビ薬剤師

・薬キャリ

・ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師は、質の高いヒアリング力で知られていますし、薬キャリも知名度が高く、スタッフと合わなくてもスピード対応をしてくれます。ファルマスタッフは、コンサルタントが直接現場を確認してくれて納得できる転職ができると評判です。それぞれで特徴もあり、自分に合った転職サイトを利用することで、良い職場も見つかりやすくなります。

まとめ

ここでは、英語力を活かせる薬剤師の職場探しについて紹介してきました。海外で働くと、様々なトラブルもありますが、その経験はあなたを大きく成長させてくれるでしょう。日本でも外国人の利用者が多いとそれだけで英語力を生かした働き方も可能です。この記事で、英語力を生かした働き方をしたいと考えている薬剤師の方の参考になれば幸いです。

高収入の薬剤師求人が増えている理由とは

薬剤師は年々増加傾向にありますが、男女比では女性の方の割合が高いです。男性の割合は4割弱ですが、高額の収入が期待できる求人は特に男性が対象のようです。

高収入になると業務は激務?

男性なら年収1,000万円以上の収入に憧れる人も多いことでしょう。薬剤師の平均年収は、2017年度で550万円程度です。これでは年収1,000万円は難しいのではと感じてしまいますが、現実的に可能です。年収1,000万円は憧れるけど、「残業が多いのでは?」、「業務内容が過酷ではないか?」と思う人もいるでしょう。しかし、高収入だから激務ということもないようです。特に調剤薬局で、高額収入が期待できる求人が増えているようです。

理由は3つある

高額の収入が期待できる求人が増えている理由は、

・資格取得の条件が6年制大学卒業に変更されたこと

・地方での人材不足

・事業を拡大する企業が増加

の3つあります。

薬剤師の数は年々増加しているのですが、資格の取得条件が6年生大学卒業になってからは、人材不足が解消されない状況が続いています。この点に関しては、今始まった問題でもなく、これからも継続する原因と考えられることから、今回は他の2点について紹介します。

都市部で働く人が増加

薬剤師になるために多くの人が大学進学では都市部に移り、そのまま就職する人が多いので、地方では人材不足が深刻です。薬剤師が不足している地方の調剤薬局では、一人で経営しているところも決して珍しいことではありません。この問題を解決しようと、各地方の薬剤師会では、新卒者に向けてPR活動を行っているところも増えてきています。このような理由から、地方では、残業なしで時給3000円以上、年収600万円以上の求人もあります。その上、住宅手当まで支給するところもあり、このような手当てを含めると、年収1,000万円にもなる求人もあります。

企業の事業を拡大

調剤薬局の中には、地元だけでなく、他の都道府県にも進出して事業拡大をはかるところが増えてきています。この事業拡大が、地方で高額の収入が期待できる求人が増えている理由の一つです。現代では薬剤師が患者さんに直接調剤や服薬指導を行う医薬分業が進んでいることからも、薬局が増える傾向にあります。また、ドラッグストアは日用品なども取り扱っていて、コンビニのように活用する人も増えて、業界の競争も激化しています。このような事業拡大をしている企業では、都市部よりも地方の方が高収入というのは珍しいことではありません。このエリア拡大によって転勤になることもありますが、転勤が可能な男性は高収入が期待できる求人を探してみると良いでしょう。

まとめ

上記で紹介した通り、人材不足となっている薬剤師は、地方で高収入が期待できる職業です。企業の事業拡大はこれからもさらに進むと考えられ、転職を前提とした求人は更に増加するでしょう。地方では、都会よりも時間に余裕があるので、患者さん一人ひとりに深くかかわれるため、やりがいも感じやすいです。高収入を得たい、地域貢献に興味がある人は地方への就職を考えてみてはいかがでしょうか。

異動や転勤がない?パートやバイトで働く利点とは

雇用形態を大きく分けると、正社員とパート・アルバイトなどの非正規社員に別けることができます。正社員と比べると非正規社員は利点がないように感じますが、この雇用形態だからこその利点もあります。その一つが、同じ店舗の勤務になることです。ここでは、非正規社員で働くことの利点について紹介します。

パートやバイトだからこその利点

非正規社員で働くことの大きな利点が、同じ店舗の勤務ということです。正社員では転勤などは良くありますが、非正規社員であれば同じ店舗での勤務です。大手などでは、他の店舗に手伝いに行くケースもありますが、基本的にはどこでも同じ店舗で働けます。そのため、自宅近くで勤務したい人にも最適な雇用形態です。

異動や転勤がないことで得られる利点

異動や転勤がないことで得られる利点もたくさんあります。

【引っ越しの手間がない】

異動や転勤が多ければ、そのたびに引っ越しをすることになります。引越しでは、荷造り、部屋探し、住所や住居が変わることでの手続きなども必要です。このような手間がないのは大きな利点でしょう。

【子供も転校しなくて良い】

異動や転勤になれば、親だけでなく子供も転校することになります。転校をすれば環境が大きく変わることから、子供の成長に悪影響を与えることもあります。非正規社員で働くことで、子供に大きな負担を与えずにすみます。

【病気や怪我にもすぐに対応できる】

普段の生活環境に近い場で働けることで、家族が病気や怪我をした時でもすぐに対応することが可能です。

【慣れた環境で働ける】

異動や転勤になれば、新しい環境となることから、人間関係なども一から築いていくい必要があります。移動や転勤がないことで、このような負担がなく、精神的なストレスも軽減できるでしょう。

まとめ

この雇用形態は、家族がいる人には大きな利点を感じることでしょう。独身であっても、働きやすさに利点を感じます。正社員に魅力を感じる人も多いですが、高収入が期待できる薬剤師は、パートやバイトでも利点があるお仕事です。

パートやアルバイトの時給の相場を知って職場選びをしよう

薬剤師は、正社員として働いている人だけでなく、パートやアルバイトで働いている人も多いです。パートやアルバイトなら、自分の都合の良いタイミングで働けるので、仕事と育児を両立させたい、自分の時間を大切にしたいという人に選ばれている働き方です。ここではそんな働き方を選ぶ人向けに、時給や収入面について紹介します。

パートやアルバイトの収入

薬剤師としてパートやアルバイトで働く場合には、他の仕事で比べると時給が高く設定されています。某サイトの調べでは、平均時給は2000円です。人材不足が深刻な地方では、時給が4000円というところもあるようです。他の仕事と比べて高収入が期待できる薬剤師の職場を、調剤薬局、ドラッグストア、病院に別けて収入を紹介していきます。

【調剤薬局】

調剤薬局の時給の相場は、約2500円~3000円とされています。この時給は、他の職場でも同じくらいとなっているようです。そのため、収入は、仕事内容や勤務時間によって変わってきます。調剤薬局は深夜出勤や休日出勤がなく、全国的に同じような収入だと考えておきましょう。ただ、地域や個人経営の調剤薬局では、人材不足が深刻で、時給が約5000円というケースもあり、調剤薬局は良い選択肢の一つとなります。

【ドラッグストア】

ドラッグストアは、全国展開している店舗も多く、時給にそれほど差がありません。相場としては約2000円~3000円です。ただ、24時間営業で年中無休のところが多いので、勤務時間や曜日によって収入が変わってくるのが特徴です。自分のライフスタイルに合った働き方をしたい人は、深夜帯も選択できるドラッグストアを選ぶのも良いでしょう。

【病院】

高収入を得たい人には病院が向いています。病院では深夜の勤務があり、ドラッグストアよりも高収入が期待できます。ただ、少人数で勤務するケースも多いです。一人当たりの仕事量も多いので体力も必要ですが、仕事量が多いことでスキルアップも目指せるのも特徴です。スキルアップをしたい、高収入を得たい人にはオススメの職場です。

人材不足と時給との関係

薬剤師は女性の比率が多く、資格を取得しないと働くことができない専門職であるという点が人材不足の原因となっているようです。女性は結婚や出産を機に退職してしまう人も多いですし、難易度の高い資格でもあることから、薬剤不足で悩んでいる地域や職場も多いです。そのため、他の仕事と比べて高い時給を設定するケースが多く、人材不足が深刻なところでは時給5000円に加えて住宅手当まで提供するところもあるようです。

まとめ

薬剤師としての職場は、調剤薬局、ドラッグストア、病院などがあり、それぞれで時給が違えば、働き方も異なります。自分に合った職場を選ぶことで、満足できる収入を得ることができるでしょう。

時給が高い土日勤務がおすすめ!薬剤師のパート、バイトについて

薬剤師は女性が多く活躍する職場です。そのため主婦も多く、土日休み希望の薬剤師は多いです。このような点から薬剤師だけではありませんが、土日は基本的に時給が高くなります。今回は土日勤務がおすすめの理由と掛け持ちはできるのかについてお伝えさせていただきます。

  1. そもそも土日勤務の職場はあるの?

近年24時間年中無休のドラックストアや土日営業の薬局が増えてきています。特にドラックストアは年々増加傾向にあり薬剤師を求めています。今やドラックストアはどこに行っても見かけるようになりました。このような点から見ても、土日に働いてくれる薬剤師は必要になっています。

  • 副業ができる職場かどうかの確認をしておきましょう。

ここまで見ると空いた土日を上手くパートで活用したいと思うかもしれませんが、その前に現在の職場が副業可能かどうか確認しておく必要があります。そもそも公務員薬剤師と管理薬剤師に関しては、法律で副業が禁止されていますので出来ません。しかしその他の薬剤師も会社の就業規則に副業禁止がないか必ず確認しましょう。副業ができる場合も会社に一言添えておくようにしましょう。

  • 土日勤務を始める前におすすめの勤務先

土日勤務をしたいと思っても、何処がいいのか分からないですよね。土日勤務ならドラックストアがおすすめです。ドラックストアは年々増加しているため、求人の数も多く時給も高いです。24時間営業、年中無休の店舗まであります。そのためシフトの時間調整もしやすく働きやすい職場です。ドラックストアは仕事内容が幅広く、一人で様々な仕事をこなさなければいけませんので、研修制度もしっかりしていて経験がなくても安心して働けます。

  • 土日勤務のデメリットって何?

土日勤務のデメリットはいくつかあります。ここではデメリットも紹介しておきましょう。

☑家族や知人との予定が合わない

☑保育園・託児所は営業していない所が多い

☑平日も土日も働くため疲れる

高時給、空いた時間に入れるメリットはありますが、このデメリットは主婦の方にとっては大変な事が多いと思います。しかし職場によっては時間や日数に融通が利く所もありますので、確認してみましょう。

  • 自分に合った土日勤務の働き方をエージェントに相談しよう

最近増えてきている土日勤務のパートですが、やはりまだまだ求人の数は少ないです。そしてそれを自分だけで探そうとするとなかなか難しいです。そんな時は薬剤師専門の転職サイトに登録し、専属のエージェントに相談することをおすすめします。エージェントはあなたの希望の働き方や条件に合う求人を紹介してくれますし、希望条件の交渉なども行ってくれます。エージェントしか知らない非公開の求人を紹介してくれる場合もありますので、自分に合った求人を見つけたい場合は一度相談してみましょう。

薬剤師のための自分に合ったパート求人を探す方法

女性は結婚や出産といったライフスタイルの変化があります。女性が多く活躍する薬剤師の世界もそうではないでしょうか。家事や育児も担う主婦にとって、正社員からパートへ転職する方も多いと思います。今回は薬剤師のパートに関する情報をお伝えさせていただきます。

  1. 薬剤師のパートのお給料とは。職場によって違いはある?

転職する際に一番気掛かりな事は収入です。薬剤師のパートの時給は2.000円前後と比較的高く、フルタイムでなくともサラリーマン並みの収入を得ることも可能です。しかし職場や地域によっても差はあります。中でもドラックストアの時給は比較的高いようですが、そこまでの差はありません。地域は地方の薬剤師は不足していますが、正社員の収入が高いようでパートの場合は都心部のほうが時給が高い傾向にあるようです。

  • 扶養内、扶養外薬剤師はどちらの働き方が正解?

主婦の薬剤師にとっての悩みどころが夫の扶養内、扶養外どちらで働くかということです。しかし薬剤師の時給は基本的に高いので、仮に時給が2.000円だとして週3回1日5時間働いただけでも、扶養内の130万円を大きく超えてしまいます。無理に抑えるくらいなら、もう少し勤務日数や勤務時間を増やして扶養外で働いた方が得と言えるでしょう。

  • パート薬剤師のパート先選びのポイント

家庭と仕事の両立を計るためのパートですが、仕事の負担が大きいとつらいですよね。上手く両立させるための職場選びをご紹介します。

・人間関係は大切

職場の人間関係は大きなストレスです。仕事のストレスを出来る限り家庭に持ち込みたくはないですよね。しかし人間関係のよい職場かどうかは働くまでなかなか分かりにくいのが現状です。そのような場合転職サイトの専門のエージェントなら、働く前の職場環境も教えてくれます。

・シフト希望の通りやすさも確認しておく

家庭の事情、子供の急用などで主婦の薬剤師はシフトの希望を出来る限り聞いてほしいと思います。臨機応変にシフト調整を行ってくれる職場をお探しならシフト相談可能と記載された求人を検索してください。

上記の希望は主婦薬剤師にとっては重要な点だと思います。しかし働いてみてから違ったと言う事が起こると困りますよね。そんな場合も転職サイトのエージェントに相談すると主婦の薬剤師でも働きやすい職場や、働く前の職場環境、シフトの相談に対応してくれるなどの求人を紹介してくれるのでおすすめです。

  • 転職サイトを使うとこんなメリットがある

☑募集要項だけでは分からない情報も知ることができる

☑条件のいい勤務先をエージェントが教えてくれる

☑非公開の求人を数多く扱っている

このように忙しい主婦薬剤師の代わりに数ある中から、あなたに合った求人を紹介してくれます。また働きやすい職場かどうかのリサーチもしてくれますので、使わない手はないと思います。